日誌

2023-02-03 18:56:00

近藤康弘さんのご飯茶碗(小)

s-31f62962be339d754dc263526271884c.jpg

益子の近藤康弘さんの飛び鉋シリーズが続きます。

ご飯茶碗の小サイズも昔からの定番アイテム。
飛び鉋のリズミカルな加飾が調和しています。 
今回は薪窯焼成のもので、見込みなどにほんのり灰被りの痕跡や、付着した灰が溶けて天然釉になっているような部分もあります。

s-4d7d4db6fca0aae81c6bb98e5dbcfb3a.jpg
s-e50d1fef255058ae7dadc0ad84a25102.jpg
s-a97cb4a339d3a01b8a0d8822ebed54f7.jpg

ご飯茶碗はだいたい3色展開で作っていらっしゃいますが、今回白。
透明釉と白釉で2色掛けされ、見込みにはほんのりとざらつきがあり温かみある手触りです。
口縁あたりはあまり薄く作らずにほどよい厚みを持たせてあるので、欠けにくい造り。

s-0453c9e179dd3dff53710bc13a1c4b1a.jpg
s-b6c6c92a8c3bfae4b33e6a1684170b1a.jpg
s-81f5dd5851550101d38ae3275906a353.jpg

腰は自然な丸みで手に優しく収まりますし、端反型でもなく平形でもない飾り気のない碗型は温かい雰囲気。
日常雑器で知られる益子焼らしいとも言えるし、近藤さんの朗らかな人柄そのものみたいにも思えます。

s-f7bb37716effb6557b894747f5061949.jpg
s-250ffe2dbee6c9a8268d525354f7eee7.jpg
s-0642bf295fec5c13d1c60b7212c0da50.jpg
s-0cb1089f68eed20c3fff2a6d41460b37.jpg

うつわの素地は砂気のある益子土。

野趣あふれる力強い個性はないですが、素朴で使いやすいやきものが出来上がるという良さがあります。
古くからの陶工たちのように、近藤さんもまた益子周辺の石や天然灰などを混ぜ幾種類かの釉薬を作っています。
その配合もその時々によって微妙に変化することで、同じものがない、幾通りもの釉薬になり、やきものが生まれています。


s-08a00f0cdf5e396743bab68315291fc3.jpg

小サイズといっても、だいたいφ115×高さ55mmぐらいの範囲内なので、目立って小さいわけではなく男女問わず使ってもらえる大きさ。

日々のお料理、季節のお料理を、気張らずにその人のペースで楽しく食するのに、なんとなく気に入った器があると嬉しい。
そういう「気張らずに」のごはんに、ちょうどいい安心感をくれるご飯茶碗だなといつも思っています。
2023-01-29 17:34:00

近藤康弘さんのドラ鉢(小)

s-18cb2b30c19ba8a0dd7dd036002e50d4.jpg

お客様からのご希望があり、久しぶりに益子の近藤康弘さんにいくつかやきものたち送って頂きました。

その中のひとつ、ドラ鉢の小サイズ。
2012年にはじめて近藤さんと出会い、作品群を目にした時からあったのがこのドラ鉢。
これまでにもう何回、百職に届いたことか。

s-0d6884f6eb25bd1417a617cfafc8ac48.jpg
s-2873b6b5bbf6751c2f4c03061eaba033.jpg
s-a9278e63d2b02c3ddf89c47491503a82.jpg

大中小と三つのサイズがある中で、小サイズはφ90mmと豆皿の部類に入れてもいい、手のひらにも乗ってしまうサイズ感です。
箸休めの小さな副菜用というほかにも、四角く切ったバター、ジャムを入れてパンに添えて出してもいいなと思いました。
おいしいお塩や角砂糖を入れたりしても。 

側面下のほうには、トレードマークの飛び鉋(とびかんな又はとびがんな)での模様がいつものように施されています。

s-f646c47b4d88644b1ca80a3d07f43f19.jpg


大分の小鹿田焼と並んで飛び鉋模様で知られているのが福岡の小石原焼。
この小石原焼で習い覚えた飛び鉋を、益子で取り入れ名手として知られていた榎田窯こそが、実は近藤さんの修業先。

修業時代に幾度も幾度も手掛けた飛び鉋。
こうして今も、作品の一部に施されています。

今までと違うのは、薪窯で焼成されるようになって、窯変(思いがけない釉薬の色や流れや質感の変化)の具合もより大きく豊かになり、ひとつひとつの個体差がもっと生まれるようになりました。
鉄点のにじむような現れ方などは、より柔らかくなり美しいです。

s-7bb31b5acc3b0f76322feb2140ae4bf5.jpg
s-3dd14a748dce3e4bb60c801c6f7d5d64.jpg
s-205ccbc8fa932869aa0995c19048e921.jpg
s-98073cc8c210e94b7de9940084e7d97c.jpg


すごく久しぶりに近藤さんの経歴を読んでいたら2009年に独立築窯の文字を見て
「あれ?近藤さんの独立と、百職のオープンは同じ2009年だったんだ」
と、覚えていたつもりがすっかり抜け落ちていたことと、思いがけず同期の桜的だったかと認識し、途端に嬉しくなったのでした。
そもそも近藤さんと私とでは、年齢も一歳しか違わないので、人生の歩みみたいなものも自ずと似通ってくるのでしょう。

近藤さんが榎田さんのところから独立して13年後の昨年2022年。
ずっと念願だった薪窯を、ようやく自分の手で築窯しました。

まだまだじゃじゃ馬だというその薪窯との付き合い方は手探り中。

これからも少しずつ時間を経るごとに、焼きによる表情も変わっていくだろうと思います。
今年8月末に予定している個展が今から待ち遠しいです。

s-a123833e45947cf491c6d2f871e721c7.jpg
s-4c963e1c7be5470f8224a8b67c58f80f.jpg


2023-01-22 20:33:00

小野陽介さん陶展「Polaris」全日程終了 お礼

00.jpg

ありがとうございました。
おかげさまで先日のweb通販終了をもって、小野陽介さんの展覧会全日程を終えることができました。
通販に関してはこれから梱包発送作業があり、それを経てお客様のもとに届くまで(家に帰るまでが遠足みたいな)がすべてだと思うので正確にはまだ終わっていないんですが、ここでいったん区切りとしておきます。
今回は男性のお客様や、20代、30代のお客様の割合もいつもより多くて、客層の変化が興味深かったです。

3年ぶりの小野さんの展覧会でした。
「変化した部分」に驚いたり、逆に「変わっていない部分」を感じて面白さを覚えたり、楽しい時間を味わうことができました。

メインヴィジュアルにさせて頂いた瑠璃釉の5.5寸皿。
とても深い色で黒にも見える色で撮るのが難しそうと敬遠していましたが、天気のいい日を選んで撮ってみると驚きました。
深海のような暗青色に飛び込んでみると、そこからはぼんやりとした白っぽい気泡や赤鈍色の鉄分、澄んだ群青色、浮遊するような青緑色などの溢れるような色と光たちが陽射しを受け、鮮やかに浮かび上がってきました。

宮沢賢治が好きな私はすぐに「銀河鉄道の夜」冒頭の一節を思い出しました。
「『ではみなさんは、そういうふうに川だと云われたり、乳の流れたあとだと云われたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。』先生は、黒板に吊した大きな黒い星座の図の、上から下へ白くけぶった銀河帯のようなところを指しながら、みんなに問をかけました。」
(ちなみに問いの答えは「星」で、主人公のジョバンニは答えを知っていながらも、うまく答えられませんでした)

瑠璃釉という釉薬は、透明感のある青から藍色を発し端整ではあるものの、淡々としていて平坦な釉調に収まりがちな印象を持っていました。
小野さんが作った瑠璃釉は豊饒な宇宙や海のような色と光を放っていて、眺めていると別空間へと吸い込まれていきそうで、今までの概念に新章を追加してくれました。
展覧会の在廊日に小野さんに、深みのあるこの瑠璃釉の表情の理由を尋ねてみると
「変化がほしくて、下地に家の庭土を塗っているからだと」
と教えてくれました。

もともと変化の大きな釉調を好み、制作の内の一つの指標にしている小野さん。
釉調変化の多様性がもっとも大きいと言われる薪窯から、焼き方にもよりますが比較的均一な焼き上がりになると言われるガス窯へと移行し、新たな試行錯誤と成長の日々を送っていました。

どんなに揉まれようとも、揺るがない不変の感性や感覚や意志は、力強く美しい。
一方で様々なことを経て成長し、必要性を感じるもの、自分が目指すもの、大切なものが変化していく様も、たくましく美しい。
不動の北極星を振り返って仰ぎ見ながら、小野さんはこれからも目指すところへと流動し動き続けていくのだろうなと思います。

装花のFlower Worksの本多さんには今回も瑞々しい花たちを空間にしつらえて頂き、年末年始のリースやお飾りも販売して頂きありがとうございました

小野陽介さん、奥様のまこさん(そして愛猫のちろぴ一家も!)、工房訪問の折には快く迎えてくださって本当にありがとうございました。

そして店頭と遠方からと、小野さんの作品を選んでくださった皆さま。
皆さまのおかげで次の原動力が生まれました。
心よりお礼申し上げますとともに、次回の小野さんの作品群、展示を楽しみにしていてください。

01.jpg
03.jpg
2022-12-26 17:51:00

2022年の店頭営業終了のお知らせ|年始は1/20から営業予定

年末年始の営業・休業などについて

ありがとうございます、2022年の店頭営業は12/25で終了いたしました。


通販発送や事務などで12/28くらいまではごそごそやっている予定ですが、お問合せへの返信は12/28以降はお休みします。
年始の店頭営業は今のところ1/20から営業予定ですが、なんでこんなのんびりなのかと言うと年明けから小野陽介さんの展覧会通販の準備を始めるからです。
まずは作品撮影から!
表からは見えてないところではちゃんと仕事始めします◎
年始の営業日も、業務の進行程度によっては変更するかもしれませんので、その時はまたこちらでお知らせします。

小野さんの幅広リムのプレートはケーキにもぴったりです。

ケーキ02.jpg



【年末年始の営業、web shopの営業など】

・2022年の営業→終了しました

・web shopの年内営業→12/26(月)まで

・各種お問合せのメール返信→12/28(水)まで
※年末年始の休業中にお寄せ頂いた問合せへの返信は1/7(土)から行います

・年始の店頭営業→1/20(金)からの予定
※業務都合によっては変更する可能性ありますのでホームページの「カレンダー」をチェックしてください
2022-12-25 20:58:00

店頭展覧会終了とweb通販について少し

unnamed.jpg
改めて本日小野陽介さんの展覧会、店頭での会期が終了いたしました。

寒い日が続く中でしたが、足をお運びくださいました皆さま、ありがとうございました。

通販も行います!
ゆっくりになってしまいますが、年明けから準備を始めていきますので日程が決まりましたらまた告知します◎

それまで覚えていてもらえると…嬉しいです。
というわけで小野さんの展覧会通販は年をまたぎます。
続きはまた年明けに。
どうぞ楽しみにお待ちください!︎


小野陽介 陶展 Polaris
※店頭展覧会は終了しました
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...