日誌

2022-12-16 21:34:00

小野陽介出展作品紹介 赤灰釉高台鉢

d614a2ec95a5c87352921616894257f1.jpg
やや小さめの高台の足に、張り出した鉢の部分に力強さ。

小野さんが好んでよく作る形。
アンバランスにも思えますが独特の魅力と迫力があって、荷ほどきして「これはかっこいい」と何度も眺めてしまいました。

0689db35ad012e3332c24f0576fc7370.jpg
c5c4c47e8933d36a443dbd34b042969b.JPG
b24eb129c83f148ee22d6485460633bf.JPG
オブジェとして飾るのも良さそうだし、新年には鏡餅を据えても。
あと何か年末年始は植物を生けたくなることも多いので、花台にするのもいいかも。
白やブルーなどが多い小野さんの器の中では、目を引く赤灰釉のうつわ。
力強い釉調と赤みを帯びた色。
よく見ると光沢を帯びています。

44a3fde6f86c1a74cbf0da01eb23a70f.jpg

子供のころ、遊んでいて土の粒がきらきらしているのに初めて気が付いて、すごく不思議に感じたことをふと思い出しました。


小野陽介 陶展 Polaris
2022/12/17(土)-25(日)
11:00-17:00
※12月展は営業時間を11:00-17:00に変更します

-初日11:00-13:00までは予約制にて受付(ご予約はHPの「小野陽介陶展/初日予約」からお進みください) 
-初日後半の時間帯、二日目以降は予約不要でご来店頂けます
最終日12/25(月)のみ16:30で終了
展示期間中は12/20(火)、21(水)が休み

2022-12-16 20:50:00

小野陽介出展作品紹介 緑釉碗

dc401a9bfda8fad31a4843a4ca772b19.jpg

白釉のものが多いですが、色のあるうつわも作っていらっしゃいます。

小野さんの緑釉。
その中には虹のように様々な色がたくさん表れていて、色の世界の奥深さに見入ってしまい、緑釉というよりも玉虫釉と言ってもいいかも。

e8437ada1d4726fd0d001eab44564583.jpg


遠目から見ると渋いだけの感じに見えてしまいそうですが、手に取って必ず陽射しにかざして眺めてみてください。

cc00482f04fbaa5d1146dba9a58b2d6d.JPG
0867f44504d12c0eb87ef4033106544d.JPG
795a3b2ccfa695be5b650b363fed97c4.JPG

木々や苔むした大地や、湧き出る泉から流れ出す水が頭に浮かびました。
難しいことを考えなくても、きれいだなと自然に手にしたくなります。
サイズは少しゆったりめの大きさの碗。

107f1df4563b95323ba9f4cd99f699c4.jpg

ふわっとご飯を盛りたいお茶漬けなどにも使いたいし、もっと自由にフルーツなどを盛り付けるボウルとしても使ってみるのもいいんじゃないかと。
深く透明感のある色を持った碗は、食材の瑞々しさを引き立ててくれそうです。

1b25e0b718cb3ed090307c4a00b8081d.jpg



小野陽介 陶展 Polaris
2022/12/17(土)-25(日)
11:00-17:00
※12月展は営業時間を11:00-17:00に変更します

-初日11:00-13:00までは予約制にて受付(ご予約はHPの「小野陽介陶展/初日予約」からお進みください) 
-初日後半の時間帯、二日目以降は予約不要でご来店頂けます
最終日12/25(月)のみ16:30で終了
展示期間中は12/20(火)、21(水)が休み

2022-12-15 23:35:00

小野陽介出展作品紹介 キャットボウル

image1.jpeg

キャットボウルも、小野さんの奥様のご実家の猫さんに作ってあげた話を聞き、展覧会用に作品化してほしいとお願いしました。

全体を白釉で施釉していますからお手入れがしやすく、フードにもお水にもいけます。

638dfb55082adb6c72fe0b24d1e8ee67.jpg

0cfb3ecbf75836221299ef22a02351bd.JPG

b9f5dedb409552188af175af6e002f7e.JPG


今回は径は14~15センチ、高さは7センチ前後と、やや低めの造りのボウルなので、まだ小さい子猫やマンチカンなど体の高さが低めの猫ちゃんにはぴったりです。

c330094370402d42fb6468027a6f543e.jpg
1af55256a5e4ad314090fdef5f7c55b6.JPG


(猫ちゃんの個体によっては体高が高い猫ちゃんの場合は、もう少し高さが必要かもしれません)

しっかりとした安定感のある作りなので、倒れにくく、安心してお使い頂けます。
皿部分は浅めなので、猫ちゃんが食べやすく必要以上に顔をつっこまなくてもいいくらいに設定されています。

image6.jpeg
image8.jpeg
image5.jpeg


キャットボウルとしてお出ししていますが、もちろん人間用の食器としても高台皿としてもお使い頂けるのでそちらの用途で気になる方もぜひお手に取ってみてくださいね。

自宅では5匹の猫たちとともに暮らしている小野さん。
猫たちがより使いやすいものを求めて、これからも工夫を重ねて制作していって頂けそうでとっても楽しみです。

image9.jpeg
image3.jpeg
image4.jpeg
image7.jpeg
image2.jpeg

モデルは小野家の5匹の愛猫たちの内のぶちとちろ。

お写真は小野陽介さんに撮影して頂きました。


小野陽介 陶展 Polaris
2022/12/17(土)-25(日)
11:00-17:00
※12月展は営業時間を11:00-17:00に変更します

-初日11:00-13:00までは予約制にて受付(ご予約はHPの「小野陽介陶展/初日予約」からお進みください) 
-初日後半の時間帯、二日目以降は予約不要でご来店頂けます
最終日12/25(月)のみ16:30で終了
展示期間中は12/20(火)、21(水)が休み

2022-12-15 22:45:00

小野陽介出展作品紹介 白釉片口平小鉢

6aaa57b268b3347b1de6b8febc990e32.jpg

口がついていると「欠けてしまうかも」と思われそうですが、それと同じくらい口があることでうつわ全体のフォルムの大事なワンポイント、アクセントになっています。

片口に惹かれてしまう人、私もその一人です。

155bdb766724f65a447f51310eb547aa.JPG
e18a7d60e6ad9ba154b351dcd1f3ac64.JPG


和食ならばおいしいおだしをかけるような料理がありますが、最後に残ったおだしをごはんに掛け回すこともできたりします。
浅めではありますがドレッシング、ソースをかけるような汁気のあるお料理にも使えます。

ade0c687cac076b26f32d2d354e87fd2.jpg


シンプルなうつわを好む場合、食卓が絵的に少し単調になってしまう時もあると思うのですが、そういう時、こんな片口という形のうつわは、色を添えてくれるような存在で自分的にはありがたいうつわだなと感じます。

a4519a13c50cea55eab2eb0bbc726c2d.jpg
75f2cab9fe69a1f8a2db38af4226bec3.JPG
ade0c687cac076b26f32d2d354e87fd2.jpg

片口型の平小鉢は伝統的な和食器の形でもありますが、小野さんのモダンでニュートラルな色合いや釉調、質感の個性が相まって、新鮮な存在感のうつわに仕上がっています。
丸くてちょこんと口のついた形はまあるい葉っぱや花びらの一片のようでもあり美しい趣です。


小野陽介 陶展 Polaris
2022/12/17(土)-25(日)
11:00-17:00
※12月展は営業時間を11:00-17:00に変更します

-初日11:00-13:00までは予約制にて受付(ご予約はHPの「小野陽介陶展/初日予約」からお進みください) 
-初日後半の時間帯、二日目以降は予約不要でご来店頂けます
最終日12/25(月)のみ16:30で終了
展示期間中は12/20(火)、21(水)が休み

2022-12-15 22:01:00

小野陽介出展作品紹介 スープカップ

ab9372b550bd94d627e5805182b13976.JPG

実は今回小野さんには、本展に合わせたスペシャルなうつわを作ってほしくて幾つかお願いしました。

こちらのスープカップもそのひとつ。
カップの部分の丸み。
デザインされた持ち手の、削りによるシルエットと陰影のディテールも目を引きます。

f6b9edc20f9df325f0a0f9adcaaf4116.JPG
e1f2f032f54a40d1c85bb8b80a686d97.JPG

どこか優美な雰囲気も漂わせていて、遊園地の乗り物でくるくる回る「ティーカップ」をふと思い出しました。

たっぷりしたサイズ感です。
軽めの量のポタージュカップというより、シチューや具沢山のカップとしてぴったりです。
スープカップと名前をつけているとそれ以外の料理の時には出番がないように思ってしまいがちですが、ほかのお料理の時にも自由にどんどんお使い頂けたほうが嬉しいです。
サラダ盛り付けたり、シリアルボウルとしても使いやすそう。

df8863e030931d8ab4214059267c8485.jpg
a72262636347757202845efbbc6c51f3.JPG


小野陽介 陶展 Polaris
2022/12/17(土)-25(日)
11:00-17:00
※12月展は営業時間を11:00-17:00に変更します

-初日11:00-13:00までは予約制にて受付(ご予約はHPの「小野陽介陶展/初日予約」からお進みください) 
-初日後半の時間帯、二日目以降は予約不要でご来店頂けます
最終日12/25(月)のみ16:30で終了
展示期間中は12/20(火)、21(水)が休み

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...