手しごとの器・道具
テ ノ ナ ル 工 藝 百 職

2022.12.01 Thursday

読み物

森谷和輝 origin ⑥

  • A piece of artwork with glass キルンワーク スランピング

    A piece of artwork with glass キルンワーク スランピング

    作品紹介|The case of Kiln-slumping キルンワーク スランピング

    「熱でかたちが変わっていくところ。自分で曲げているんじゃなくて熱や重力で落ちたり曲がったりしていて、なんか手もとでじゃないところでかたちが変わっていくのが面白い。あとで冷めて手に取って見れる、観察できる、痕跡みたいなのを探すのが一番楽しいかもしれないですね(森谷)」

    sスランピング7_R.JPG


    作品|葉皿

    定番となりつつある葉皿。

    sスランピング9_R.JPG

    ガラスが重力に沿って融けていく動きを利用して作られている。

    sスランピング14_R.JPG

    円い板ガラスを用意し、半円の型の上に円板ガラスを載せ焼成すると、そのふくらみに沿ってガラスが融け、丸みを帯びた形が出来上がる。

    sスランピング10_R.JPGsスランピング12_R.JPG

    ガラスの中の気泡も伸びていっているのが見える。

    ガラスが収縮したようなしわが寄ったようなテクスチャーもある。

    sスランピング6_R.JPGsスランピング4_R.JPG

    作品|クリア皿LL


    sスランピング5_R.JPG

    作品|楕円皿M

    流れ、落ち、広がり、収縮し、動いてゆく。

    sスランピング1_R.JPGsスランピング2_R.JPG

    作品|八角リム皿マット


    予測可能な範囲でコントロールしても、あとはガラスの動き次第。

    ガラスに意思があるとするならば、それと対話し、観察する。


    sスランピング3_R.JPG

    作品|長皿、クリア皿LL、八角リム皿マット

    ひとつひとつの個体差が大きいが、その揃うことのない偶然性さえも楽しさや美しさに満ちている。


    森谷さんの場合廃蛍光管リサイクルガラスのカレット(破砕し欠片状になっているガラスのこと)を使い、まずは板ガラスを作る。それを型の上に載せて焼成し自重によって成形させる。この技法はをスランピングと呼ばれ、スランプ(slump)から由来している。

    またスランピングの一種で、型に板ガラスを被せて焼成し成形する技法を「ホギング」がある。
    ガラスを熱で融かし穴に添って曲げ落とす技法で「サギング」というものがある。

    sスランピング13_R.JPG

1