手しごとの器・道具
テ ノ ナ ル 工 藝 百 職

2021.09.22 Wednesday

読み物

ふつうの 少し先の 風景 ①

  • 清清しい意思

    清清しい意思


    中津箒つくり手吉田慎司さんが、昨年8月に「ふつう研究」というクラフト冊子を上梓された。 特に、最後終わり文章が、づくり上で清清しい意思表明と一種ささやかな祈りう なもを感じて印象的だった。

    『イメージ固定化された振り子は、必ず揺り戻しが返ってくる。けれど、ニュートラルで、地域、歴史的 に無理ない、普遍的な視点や価値観を得られるであれば、それは時代や流行に踊らされること無い、 芯ある価値観になるではないか。(中略)全てが歴史誤差に過ぎないと、ニヒルに構える事は簡単 ですが、一度きり限られた人生中、できる限り揺るぎない、変わらない、できればスパン長い価値を 作り、そような場所に立脚したい。暮らしや生き方に光を照らす仕事がしたいと思います。そして、 確かな手触りを頼りに進みながら「ふつう少し先景色をぞいてみたいと思っています。』

                                                                                                      ―吉田慎司「ふつう研究」より抜粋


    ふつうという言葉やイメージが流行りに乗せられたこともあった。 今ではひとくくりに集約するは難しいと思われる「ふつうという概念だが長い時間をかけて多くが蓄積 され、風化や自然淘汰を繰り返す内に残るもを、もしかしたら「ふつう」と呼んでもいいかもしれない。

    今、様々な状況や環境が変わり揺らぎ、世界どこにいたとしても大変なことがある中では、改めて揺るが ない足もとや身近なも存在大切さにしみじみする。
    落ち着かない世風に吹かれているからこそ、中に収まるようなつつましやかなも、腰を据え地に足 着いた仕事、自然と結びつきを感じさせる手仕事から受け取るもはきっと大きい。 今まで語られてきた「ふつう」から歩みを進め、ちょっと先にあるももまた見えてくる気がする。

    今回展覧会は私が思う、身近な自然や地域、小さな規模中でしっかりと根を張りすくすくとご自身づくり樹を育んでいかれている三人つくり手皆さんによるです。
1