手しごとの器・道具
テ ノ ナ ル 工 藝 百 職

2022.12.01 Thursday

読み物

森谷和輝 origin ④

  • A piece of artwork with glass バーナーワーク

    A piece of artwork with glass バーナーワーク

    ――はじめに

    技法のおさらい

    森谷和輝さんのガラス技法は大きく分けると2種類。

    バーナーワークで作るガラス、キルンワークで作るガラスがある。


    - バーナーワーク

    森谷さんのバーナーワークは、酸素バーナーによって棒状や管状の硬質ガラスを溶かしながら成形していく。
    使うのは「ホウケイ酸ガラス」という理化学器具等に使用される透明度が高く、耐熱性、耐衝撃性を持つガラス。古い時代にランプの灯りを主な熱源としていたことから欧米では伝統的なニュアンスを込めてランプワークと一般的に呼ばれる。もっと現代的なニュアンスやイメージの中においてはフレームワークの呼称を使うという。ガラスは紀元前に起源を持つといわれ、その最も初期段階に装飾品などの制作でバーナーワークは行われていたとされている。


    - キルンワーク

    キルンは窯の意味で、電気窯のことを指す。低温(とはいっても800度前後)の窯で、型を用いてガラスを融かし成形する。森谷さんが使うのは「廃蛍光管リサイクルガラス」という、独特の淡い淡い青緑色が特徴的なガラス。

    キルンワークは更に多くの技法が枝分かれしており、そのどれもが歴史が古い。
    もっとも有名な例はパート・ド・ヴェール技法。粘土で作った原型をもとに耐火石膏で鋳型を起こし、非常に細かい粉末状の無色のガラス(森谷さんが使用するガラスと異なり、更に細かくさらさらしている)を使用することが多く、そこに色ガラスを混ぜるなどして用意した鋳型に詰め、窯で焼成する。歴史としては古代メソポタミア文明の頃(紀元前15世紀-16世紀)に金属の鋳造技術を応用し発祥したとされている。ちなみにガラスを取り出す過程で鋳型を壊さざるを得ないため大量生産には向かず、その後紀元前1世紀頃の古代ローマ時代になって吹きガラス技法が発明され量産する技法もこれを機にが新たに生まれていくこととなる。

    キルンワークの中でも森谷さんが多く用いる技法は、キャスティングスランピング。キャスティング技法は古代ローマ時代の紀元前1世紀に発明されたと言われている。

    (1)キャスティング 型の中にかけら状のガラスを敷き詰め流れ融けることで成形する技法
    (2)スランピング 予め作っておいた板状のガラスを型に置き、焼成すると型に沿って重力で流れ融けていくことを利用して成形する技法




    作品紹介|The case of Lampworking バーナーワーク 



    「つくり手としては目の前ですぐかたちが作れてガラスに道具を介して触れるところが魅力。そういう意味では即興性があるガラスの様子が、使う側の人にも感じてもらえる楽しさがあると思います。(森谷)」

    sバーナーワーク3_R.JPG


    作品|bud tumbler


    バーナーワークのガラスについて森谷さんは昔からよく「バーナーのガラスは中に水をいっぱいに入れておくと本当にきれいですよね」と話す。

    sバーナーワーク10_R.JPGsバーナーワーク11_R.JPG


    高い透明度で凛とした硬度を帯びたホウケイ酸ガラスだが、森谷さんのバーナーワークによってやわらかで揺らぎのある輪郭が生まれる。


    ガラスの中を水で満たしてみると、ガラスと水との境界がたちまちぼんやりとしてくる。

    sバーナーワーク1_R.JPGsバーナーワーク2_R.JPG


    不純物など何ひとつ感じられず、硬質だったはずのガラスは水に溶かされたかのように水と同化して、そこにはただ水そのものだけが不思議な実在感を湛えて存在している錯覚を起こしそうになる。

    sバーナーワーク9_R.JPGsバーナーワーク8_R.JPGsバーナーワーク7_R.JPG

    作品|ラッパステム


    どこまでも澄み切った純度の森谷さんのバーナーワークのガラスは、ただ静かに空間にあることを好んでいるかのようだ。

    sバーナーワーク5_R.JPGsバーナーワーク6_R.JPG

1