手しごとの器・道具
テ ノ ナ ル 工 藝 百 職

2022.09.25 Sunday

読み物

椀籠屋の石井 鉄屋の鈴木 ④

  • まだまだうまくなりたい

    まだまだうまくなりたい

    宮崎出身。
    現在神戸市垂水区の自宅で竹細工をつくる石井美百(いしい・みほ)さん。

    718FC6DC-987E-411C-964B-ED4D1D6E2D6D.JPG

    昼間は彼女の制作スペースとしている部屋は、夜には娘さんと布団を並べて眠る「寝室」でもあるそうだ。

    だから作業終わったらちゃんと箒で履き掃除しておかないとなんです。ひごの削り屑とかが残ってると、娘がストレッチしている最中に見つけて『お母さん、落ちてたよ』って言われちゃうんですよ」
    と石井さんは笑っていた。

    竹ひごの削り屑は素足に刺さるとけっこう痛かったりする。
    ある日突然竹細工職人になったお母さんをどう感じたのか、娘さんにも聞いてみたいと思った。

    C78EFF87-AACD-4A81-A38D-E1EB1993FD44.jpgAC8DF283-24CB-49AB-AD68-E46D18C8E4E8.JPG030D2BFD-7671-4F9F-96EB-8CD4722EC792.JPG

    石井さんは42歳の時に、ご主人の異動先の大分で、地元の職人さんより竹細工を習い始めた。
    そこで2年、主婦の傍ら別府や安心院で竹細工に明け暮れた。
    ご主人の異動勤務に終わりが来るのはわかっていたので
    ここで竹細工が習えるのは2年だけだから」
    と、とにかく技術を習得しようと勉強のために精力的にいろいろな形や大きさの竹籠をこしらえた。
    神戸に戻ってきた今もその時の竹細工は家のあちこちでたくさん使われていて、石井さんがどんなにがんばっていたか、そのがんばりが形として今もあった。

    09CC8E5B-22C4-4FAB-AAB8-8A6656760038.JPGFE278B13-B0A9-4041-B980-AFE147973F2A.JPGe8ac510875a3fd10c61192e47fb6eaa0.jpgF641573A-02AC-4F78-BAAC-51E7C4569F09.JPG

    今年で47歳となり、竹細工を始めて6年目を迎えた。
    まだまだ作りたいものがあって、まだまだうまくなりたいと言う。
    彼女の竹細工人生にはまだ終わりなんてない。
    これからも先へ先へと道が伸びている。

    79CE4182-269C-4571-B79C-D4EA80650DE5.JPG261FB16F-E93B-42C2-9401-F527DE7A59E1.JPG1019EEB3-DA4A-4541-80E6-FDC13F8946DC.JPG
1